Blogブログ

Elilumeの最新情報・髪のお悩み解決はブログをチェック。

縮毛矯正ストレートパーマをかける頻度

縮毛矯正ストレートパーマをかける頻度のお話

 

こんにちは!!

 

新宿御苑でパーマが得意な美容室

Elilumeの高沢和樹です♪

 

今回はお客様からも多く質問をいただく内容にお答えしていきます!

その質問とは

「縮毛矯正ストレートパーマって

どれくらいの頻度でやったらいいの??」

このお悩みにお答えしていきます!!

早速、結果からお伝えすると

【その人が気になるタイミング!!】

これに尽きます!!

その理由を詳しくお話していきますね♪

その人が気になるタイミングというのは

クセの強さや扱いづらさって本当に人それぞれなんですね。。。

縮毛矯正ストレートパーマをかけている人は本当に多くて

強いクセの方はもちろん。

些細なクセの方など。。

様々なクセの方々でもかけています。

縮毛矯正ストレートパーマは新しく髪が生えてくる部分は

本来の自分のクセが出てきてしまうので

伸びれば伸びるほど気になり、扱いづらくなります。

髪は個人差もありますが

1ヶ月で約1センチ伸びます!!

つまり3ヶ月で約3センチ

6ヶ月で6センチ

1年で12センチ伸びる計算になります!!

このお客様のBefore画像を見てください。

毛先に縮毛矯正ストレートパーマの履歴があります。

かけたのは約半年前。

つまり根本の新しく伸びてきた6〜8センチが

本来のクセが出てきた新生部

根本のクセになります。

今回は毛先の履歴がある部分にはストレートパーマはかけず、

トリートメントで保護をして

根本の部分から中間にかけて縮毛矯正ストレートパーマをかけていきます。

薬剤の塗布が完了しました。

よくお客様から

「縮毛矯正ストレートパーマを頻繁にかけると髪の毛が傷みますよね?」

聞かれるのですが、

薬剤の塗り分け、

毛先をちゃんと保護しているので

必要以上に髪の毛に負担をかけることはありません!!

これがElilumeの縮毛矯正ストレートパーマが

その人が気になるタイミングで問題ない大きな理由になります!!

意外と他の美容室ではこのような塗り分けや処理をしてくれず

毛先の繊細な部分に対して負担がかかり続けて

切れ毛や枝毛の出来る大きな原因なんですね。

 

毛先の保護をしていないと

薬剤を塗布しているときに毛先についてしまったり

流した際についてしまったり

する危険性がつきまといますし

トリートメント効果もありません。

 

ただでさえ、日常生活でも毛先は痛む原因に悩まされますから

美容室でケアや処理をしないというのはもったいない話なんです。

毛先のコンディションに悩んでいらっしゃる方は

ぜひ美容師さんと相談したうえで

施術をしていくことをオススメします!!

先程のお客様の仕上がりはこちら↓↓↓↓↓

根本のクセと毛先の部分が綺麗に繋がり

艶っぽく柔らかく仕上がっています!!!

このように毛先の保護と根本の薬剤のコントロールで

最小限の負担で綺麗に扱いやすくなるわけです!!

結論

薬剤のコントロールをちゃんとしてあげられれば

縮毛矯正ストレートパーマの頻度は関係なく

人それぞれのクセの強さや

扱いづらさを感じたタイミングで

施術するのがベスト!!

一般的に

梅雨時期6月

汗をかく8月

梅雨時期から半年後の12月

乾燥時期を越えた3月

この時期にかける方は非常に多いです。

クセが強い方で年間で3〜4回

弱い人でも1〜2回

かける方が多いです。

ポイントで

前髪だけ

表面だけ

内側だけと

分けてかける方も多いので

年間の中でポイントも混ぜてあげるととても楽に過ごせますよ♪

 

ぜひご相談くださいね☆

  • カット(シャンプー・ブロー付き)

    ¥7,000

  • 前髪カット

    ¥1,500

  • 和野カット(シャンプー。ブロー付き)

    ¥8,000

  • マッサージ シャンプー&ブロー

    ¥3,500

  • トリートメントパーマ

    ¥8,000 ~

  • 前髪ポイントパーマ

    ¥3,000 ~

  • アイロンストレートパーマ

    ¥17,500 ~

  • ポイントアイロンストレートパーマ

    ¥5,000 ~

関連記事

24H WEB予約