Blogブログ

Elilumeの最新情報・髪のお悩み解決はブログをチェック。

紫外線によって白髪が増えるのを防ごう

こんにちは加藤です。

まだまだ暑い日が続きます。
紫外線対策には気をつけていると思いますが、10月まではまだまだ紫外線は強いので、油断大敵です。

30代から60代までの髪の悩みベスト一位は白髪だそうです。

その悩みこその天敵こそが紫外線です。

目次

1、紫外線がもたらす問題

2、なぜ紫外線で白髪は増えるの?

3、紫外線を防ぐ

 

1、紫外線がもたらす問題

改めて紫外線がもたらす問題として、紫外線=シミと考える方も多いかもしれませんが、シミだけではありません。
るみ、シワなど見た目の老化はほとんどは、紫外線によって進行しています。
そして紫外線によって白髪にもなりやすくなります。
髪の分け目に白髪ができやすいのは紫外線がよく浴びるからだといいます。

ちなみに、やっぱり1番紫外線があたらないお尻は、あまりシワなどは1番少ないと言われてます。
自分のおばあちゃんのお尻の記憶でも、たれてはいたけど、あまりシワはなかったような気がします。

そんな紫外線から、白髪を増やさせる分けにはいきません‼︎

2、なぜ紫外線で白髪は増えるの?

それは紫外線の影響で活性酸素を増やすことにあります。 
活性酸素とは体内で発生して、身体の免疫機能を高めてウイルスや細菌感染を防ぐはたらきがある反面、細胞などにダメージを与え、身体を酸化させてしまう物質のこと。
おもに紫外線以外でもストレス、たばこ、加齢による増加、暴飲暴食、睡眠不足などで発生しやすくなります。
増えすぎると老化を早めてしまう原因になります。
それによりメラニン色素を作るメラノサイトという色素細胞もダメージを受けて白髪になります。

3、紫外線を防ぐ

改めて紫外線を防ぐアイテムとして代表的な日傘はどれくらい紫外線から守ってくれるのか?
実は紫外線は地面に当たって、跳ね返る照り返しや空気中の成分や酸素にあたって、進行方向もかわります。
実は紫外線の6割がこの散乱光というもので、残り4割が直射日光によるものです。

という事は日傘だけでは4割しか防げないという事になります。
ちなみに日傘に1番適しているのはUV加工が大前提で外側が白で内側が黒がベストです。

そして帽子は上から来る紫外線から顔、首、頭皮、耳、頭皮を守る効果があります。
頭皮を守るなら帽子が1番。
帽子の理想は、360度ツバのついたハット型が理想で、ツバが長ければ長いほど紫外線防止効果があります。
色も日傘同様、外側は薄い色、内側は黒い方がいいです。

髪を守るためには日傘プラス帽子が理想なのかも知れません。

とはいうものの街にでてほとんどの人が日傘を指して帽子をかぶり、マスクをしていたら、それはそれで複雑な気持ちになりそうです。
帽子も日傘もしたくないそんな日は迷わずUVスプレーがオススメ
使いやすさはもちろん、今時なら顔、体、頭皮にも使えるものが主流で、美容液としても効果のあるものなどもあるのでとってもいい感じです。
Elilumeにおいてあるのも、美容液70%も配合して抗酸化作用もある優れ物です。

今時のUVスプレーは成分的にも、匂い的にも、ベタつかないのも、よく出来ているのものが多いので、使わない手はありません

後、忘れてはいけない、快晴の時の紫外線量と比較して、うす曇りの時は8090%、曇りの場合は約60%、雨であっても約30%の紫外線が降り注いでいるとされています。
晴れていない時でも紫外線の多い時は油断禁物です。

最後までご覧頂きありがとうございます。

年齢による、髪に悩みのあるお客様、自分らしいスタイルに悩みがあるお客様、是非、加藤にお任せ下さい。

 

 

関連記事

24H WEB予約