Blogブログ

Elilumeの最新情報・髪のお悩み解決はブログをチェック。

  • HOME
  • ブログ
  • シャンプーで髪が変わる♪ヘアケアマイスター美容師が教える正しい選び方と正しい使い方!

シャンプーで髪が変わる♪ヘアケアマイスター美容師が教える正しい選び方と正しい使い方!

ブログをご覧いただきありがとうございます♪

ヘアケアマイスターの高沢和樹です。
(ヘアケアマイスターとは、ヘアケア知識が豊富でお客様の毛髪診断が正しくでき、それに対する処置・アドバイスが的確にできます。全国の美容師の中でも取得しているのは数%しかいない貴重な資格)

シャンプーで髪は変わる

ダイエットや美容、健康に気を使ってる人は普段の食事の摂り方にも気をつけていると思います。

髪にとって毎日のシャンプーは食事と同じです!!

年間で365回シャンプーをしていると、根本から毛先まで50センチ以上のロングヘアの人の毛先は1500回以上のシャンプーを繰り返していることになります。

本気で体質改善を目指す人にとって1食1食が大事なように、髪を本気でキレイにしたいと思ってる人は1回1回のシャンプーを大事にしてあげることで予想以上に髪質の変化が訪れます!

でも、シャンプーって本当にいろいろなメーカーから様々な商品が出ていてどれが良いのか、自分に合っているのか分からないですよね。
最近ではネットで沢山の口コミや評価をすごく調べる事が出来ます。
しかし、よく考えていただきたいのです。

はたしてその口コミや評価はあなたの髪質、体質、好みに合わせた意見なのでしょうか?

大切なのは自分に合ったシャンプーを選ぶことじゃありませんか?

自分で薬局でお薬を選ぶよりも
お医者さんが症状に合わせて処方してくれたお薬の方が早く楽になりませんか?

自分で闇雲にトレーニングするよりも
パーソナルトレーナーが望む体型に合わせてメニューを組んでサポートしてもらったほうが早く結果が出ませんか?

じゃあシャンプーは?
自分で選ぶのではなく、信頼できる美容師さんと共にシャンプーを選ぶ方が的確に効果的な物に巡り会える可能性はグッと高まると思います!!

でも、サロンで売ってるシャンプーってお高いんでしょ?
そのようなお声が聞こえてきますね。。。

でも大丈夫♪
高沢はあなたに高いシャンプーを売りつけたいわけではないんです!!笑

今まで誰も教えてくれなかったシャンプー選びのの大切さを伝えたいだけなんです!!

正直、高いシャンプーやトリートメントを1回自宅で使うぐらいで髪の変化はその場限り。
本質的な解決には程遠いです。

身体に良い食事を1回食べた位で身体の調子が変わるわけでもなく。
きついトレーニングを1回行った位で体質が変わるわけでもなく。

大切なのは積み重ね♪コツコツと継続するに限ります!!

しかも!!

シャンプーは食事やトレーニングと違ってほぼ必ず毎日365日行うので結果が誰でも出やすいです!!
ポイントは自分に合ったものを使用するだけ!!
信頼できる美容師さんに勧めてもらったシャンプーをするだけでキレイになれる!!

だけどずっと悩んで色々調べて試しては悩み。を繰り返している方が多いのも事実たくさんいらっしゃいます。

もちろん、「すぐに信頼出来る美容師さんがみつけられない」という方や、
「過去に美容師さんに選んでもらったシャンプーが合わなかった」という方のために
「髪に余計なダメージを与えないシャンプーのしかた」も紹介していきます♪

ここからは、髪をキレイにしたい!髪に悩んでる!
そのような方だけ読み進めてくださいね!
⇓⇓⇓⇓⇓

少し極端な話になってしまうのですが
変なシャンプー、安いシャンプー、合わないシャンプーを使っても死んだりするような直接的な原因にはならないのでどうかご安心ください!(そんなモノだったら販売出来るわけない)

食事と同じような考え方なので
毎日毎日ファストフードやコンビニ、偏った食事を繰り返しても体調に影響が出づらい人もいますし、安くてお腹もいっぱいになります!コンビニで扱っているクオリティも年々レベルアップしていますよね!
正直、、高沢もコンビニさんにもファストフードさんにもお世話になっていますし、好きです!

ただ毎日、毎食コンビニやファストフードの食事を1500日以上続けたらどのような未来が想像出来ますか?

身体が強いひと、トレーニングをする人、美容技術やサプリなんかを摂取してコントロールしていればまた違うのかもしれませんが、ほとんどの人は下の人⇓⇓⇓⇓を想像してしまうのでは?

毎日は心配ですよね。食事の偏りは身体の見た目に変化をもたらすので比較的気付きやすいです!
ただ髪の毛自体は感覚がないので変化に気付きづらく、じわりじわりと変化してある時ふと「あれっ?」となります。

食事で身体が太ったり、肌が荒れたり、だるくなったり、胃腸が気持ち悪くなるのが
髪だと細くなったり、抜けたり、パサついたり、きしんだり、硬くなったり、艶がなくなる変化になります!!

ドラッグストアで扱っているシャンプーのクオリティも年々レベルアップしています!

それで問題ない方はそのままで大丈夫です!!それがあなたにあったシャンプーになのかもしれません!

しかし今回お話したいのは今まで誰も教えてくれなかったシャンプーの話。
いろいろ沢山使ってきたけど、髪質も変わってきて悩みも増えてきた方へ!
体質に合わない!変えたい!キレイにしたい!やわらかくしたい!ほめられたい!
そのようなシャンプーで変わりたい方は是非高沢のシャンプーの話にお付き合いください♪
どうぞよろしくお願いいたします!!

 

Q.シャンプーはノンシリコンとシリコン入り、どっちがいいんですか?

 

はい、結論から言いますと

A⇛シリコン入りかどうかは重点はそこではなく、シャンプーで注意すべきは洗浄成分です!!

えっっ
ノンシリコンじゃないの?その引っ掛けなんなの?

そう感じている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
「ノンシリコンシャンプーが髪にいい」という話を何年か前からよく聞くようになりました。
「ノンシリコン」「シリコンフリー」をアピールしている商品が多く見るかなと感じます。

ところが「ノンシリコンシャンプーを使ったら髪がパサパサになった」という方もいらっしゃいます。
「シリコン入りのシャンプーの方がツルツルでいい感じになる」という方もいらっしゃいます。

さて、どちらが良いのか。。。。

実際、シャンプーに入っているシリコンは、人工的に作られた高分子ポリマーという成分が多いです。
つまり髪の表面を皮膜でコーティングし、髪の指通りを良くするために開発された成分です。
でもそれは表面をコーティングで整えているだけ。床にワックスをかけているようなものなので、実際に髪が治っているわけではありません。一時的なものです。一時的に艶を出すためにこれほど優秀な成分はなかなかないそうです。

ではノンシリコンが良いのかというと、単純にそういうわけではありません。
シリコン入りのシャンプーが髪に悪い理由として、頭皮の毛穴にシリコンが詰まってしまうからだとよく言われています。しかし、それに明確な根拠はありません!!
実際、毛穴にシリコンの成分が詰まることは考えられづらいのです。
なぜなら頭皮の細胞は代謝で常に生まれ変わっていくので、角質表面にシリコンがついても問題がないわけです。

じゃなぜ世の中はこれほど「ノンシリコンがいい」と言われるようになったのか。

「それは、メーカーさんによるマーケティングのひとつである」
と様々なヘアケア美容師さんや美髪アドバイザーである寺村さんもお話していました。

マーケティングの手法として今まで当たり前に使われていた成分に着目してそれを悪としたり、昔のものとすることで新しい成分、商品に注目させ、ブームを作ることで売上を高めているということです。
「シリコン入り」も「ノンシリコン」の両方のシャンプーどちらも販売しているメーカーさんなんて山程ありますから。
それって矛盾していませんか?ということも沢山あるわけです。

これでひとつの固定概念から抜け出せるのではないでしょうか?

シャンプー選びで一番重点を置いてほしいことは何かというと、洗浄成分である「界面活性剤」のチェックです!!
界面活性剤がどんな成分なのか、どんな組み合わせなのかを確認しておくこと♪
ここが大切なポイントになります!!

「洗浄成分はオーガニックがいい」とか「石油系よりも植物由来がいい」ということも聞いたことがありませんか?
これも実は囚われては危険なポイント!!
石油からでも植物からでも結局は同じ洗浄成分の「ラウレス硫酸ナトリウム」になっているだけという現実があります。
逆にオーガニックや植物系の成分を多く使うとそれだけアレルギーになる可能性が高くなってしまうということも沢山あるわけです。実際にアレルギーを引き起こすととして回収されたオーガニック商品も沢山ありますし、オーガニックや自然由来を売りとしていたメーカーさんが成分を詐称して表記していたとして回収するケースもあります。

だんだん怖くなってきていませんか?笑
だからこそ、ネットやCMのなんとなくの根拠のない誰にでも当てはまるような聞こえの良いメッセージに振り回されるのってどうなんだろう?って考えてもらいたいんです。
だからこそ「信頼できる目の前にいる美容師さんと一緒に選んだほうが良くないですか?」という事なんです。

正直に話して誰にでもオススメできる万能シャンプーはありません!!

一番は洗浄成分というところは間違いないのですが、そこ以外にも人が選ぶ基準として「価格」「使用感」「香り」最低でもここは大切になってくるかと思います。
その自分と美容師さんの大切にするポイントがマッチするかがとても重要で継続できるかに繋がります。

最初に話した「継続できるのか」ここが最終的な着地点になるからです。

あなたの髪質や頭皮のコンディション、ヘアスタイルに合わせたシャンプーの提案を聞く価値ってすごくあると思うんですよね。美容室で自分に合うシャンプーのカウンセリングでお金をいただく美容師さんってほとんど聞いたことないですし、来店している時間の中でのやり取りって何でも聞きたい放題だと思うんです。笑
せっかく自分が選んだ美容師さんなので自分の髪や頭皮の悩みを共有するのってとても有意義かなと思います!
まあ、ゆっくり静かに過ごす事も大切なのでシャンプーのセールストークは聞きたくないよって方も沢山いるかと思うのでそこはやはり「信頼できる美容師さん」っていうところが大切なんですね。

Q.市販のシャンプー(安い)と美容室のシャンプー(高い)はどっちがいいんですか?

 

A.美容室のシャンプー(高い)で自分に最適なものを選んでもらう!

市販のシャンプーでイイのってありますか?これもよく聞くお話なのですが
本当に髪に良い成分を使うと原価が高くなるので、市販されている価格帯(1000円前後)では採算が取れずに赤字になるため値段なりというところが正直なところかなと感じます。
メーカーの商品には広告やCMの宣伝費も上乗せされていますので、美容室のシャンプーよりも原価を抑えるつまり期待できるような成分は難しい現状になるかと思います。相場的な事を考えると2000円以下のもの(容量にもよる)だとそこまでのレベルを求めるのは難しく、2000円台後半くらいがひとつの値段としての目安になるかと思います。

美容室のシャンプーであればどれでも良いのかというとそうゆうわけではなく、美容室のシャンプーは逆に向き不向きもはっきりしている成分の特化型シャンプーになります。
髪質を見て判断できる美容師だからこそ必要なものに重点をおいた成分を多く取り入れています。それ故にマッチすれば効果もより高いというわけです。

シャンプー選びにおいて大切なことは自分が目指している髪の状態を把握し、今の髪の悩みに対して適切なシャンプーを使えているかどうかを判断する、見直すことです!!

自分のなりたい
「ぱさつきたくない」「艶がほしい」「柔らかくしたい」「カラーの色持ちを良くしたい」「ボリュームをコントロールしたい」「まとまるようにしたい」などなど
その理想とする髪質を目指せるシャンプーを選んでアドバイスしてもらいましょう!!
そして使い方や使用量、洗い方などもしっかり教えてもらうのがベストです!!

アミノ酸系シャンプーの成分は

基本的には成分名の先頭に「ラウロイル」「ココイル」等と表記され、最後のアルファベットの前にアミノ酸名が書かれているものがアミノ酸系洗浄成分です。

例えば

●ココイルグルタミン酸Na

●ラウロイルメチルアラニンNa

という感じです。グルタミン酸やアラニン等記載されているものはアミノ酸系シャンプーに属するひとつの目安になりますので最低限の保証になるかなとは思います。

ただのアミノ酸成分「グリシン、アラニン、アルギニンなど」は、洗浄成分ではなく、保湿成分です。

組み合わせ方で良し悪しもかなり変わるので、オススメ度4〜5の組み合わせだと優秀、安心かと思いますので参考にしてみてくださいね♪

いくら成分が良いと言ってもやはり好み、嗜好の価値観であなたに本当にオススメなのかは別物です。

初めに申し上げたように「信頼できる美容師さんと共にシャンプーを探していく事こそ大切♪」かと感じる日々です。

是非いつでも気軽にご相談くださいね♪

Hair Creator: 高沢 和樹 Takazawa Kazuki

 

 

関連記事

24H WEB予約