Blogブログ

Elilumeの最新情報・髪のお悩み解決はブログをチェック。

癖毛を活かした縮毛矯正

こんにちは、Elilumeの加藤です。

このタイトルでブログを見て頂きありがとうございます。

まずはじめにこんな悩みありませんか?

・梅雨時期、雨の日に髪が広がる。

・年齢のせいか髪が細くなりパサつき、広がりを感じてきている。

・自分の癖が凄く嫌いなわけじゃないし、縮毛矯正をかけるまででもないけどいつもうまくいかない。

・自分の癖を活かしたい、今まで美容師さんに癖をいかすようにカットしともらってきたけど、美容師さんのように自分では上手くセットできない。

・縮毛矯正をかけた方がいいかなと思っているけど縮毛矯正で、真っ直ぐしすぎたり、ボリュームがぺたんとなったり、アイロンがきかなくなったりするのが怖い。でも朝のスタイリンがもっと楽になりたい。

・若々しくみせたい。髪に艶が欲しいけど縮毛矯正で寂しくみえるのは嫌だ。

・艶がないので毎日、コテを巻いている。できるなら毎日巻きたくない。巻かなくてもいいスタイルにしたい。

・カジュアルな動きのあるスタイルが好き。でもいつも上手くきまらない。毛流れが上手くだせない。かきあげても素敵にならない。

そんな悩みにあてはまる全てのお客様必ず解決できます。最後まで是非ご覧ください。

《僕が思う癖毛を活かすという事は、艶感やクセがないところと、癖の部分が混在しているという事です。》

癖を活かすために、癖の部分と艶の部分やストレートの部分があるからこそ、うねりのある部分や、くせによる広がり、癖によりパサつきによる髪の動きなどが活きてくるのだと思います。
簡単にいうと部分的に縮毛矯正をかけるという事です。
それによってその人らしさ、その人のムードを大事に、ヘアースタイルのデザインを活かす事が出来ます。

では、どの部分が艶ぽかったり、ストレートな部分だといいのか、それは表面、顔まわり、もしくは両方なんです。スタイルや髪質によって、表面の分量を変えるのもポイントです。そこの部分が変わるだけで劇的に変化して冒頭での悩みは解消されます。

そうなると心配されるのが、縮毛矯正をかけている所と、かけていない所が馴染むのかと心配する人が多いと思いますが、それは大丈夫です。
お客様が心配される縮毛矯正に対しての真っ直ぐすぎる、ボリュームがペタンコになりすぎる、ものすごく痛むなどというのは昔の縮毛矯正です。
今の縮毛矯正なら大丈夫です。それが解消する事ができるんです。
より自然にお客様の癖に合わせて調節する事も可能だからこそ、ポイントで縮毛矯正をかける事ができるのです。
実際に自分達ができる縮毛矯正をまとめてみました。

僕達が試行錯誤でできるようになったElilumeの縮毛矯正の特徴です。


その人の持つ自然な根本の立ち上がりを壊さない。

自然に髪が動く事から毛流れを綺麗にみせることができる

アイロンでカールもつきます。

かきあげたくなるような柔らかい手触り。

どこまでも自然な艶感を演出する事が出来る。

スタイルによって調節できる程よい丸みのあるストレート感。

痛んだと感じない。

 

これが僕達の縮毛矯正で出来る事です。
このような縮毛矯正が出来るからこそポイントで縮毛矯正をかける事で失敗なく癖毛が活かせるのです。今ではこのようなストレートが出来る美容室はElilume以外にもあります。
ちなみに僕達が提案するポイント縮毛矯正の事を毛流れ縮毛矯正と呼んでいます。

ただ、残念ながら冒頭での悩みのあるお客様以外で、今までもともと全体に縮毛矯正をかけてきたお客様など、癖によってはもちろん全体かけた方がいいお客様もいます。
逆に全体じゃなくても毛流れ縮毛矯正でもいいお客様もいるはずです。
全ての癖毛のお客様の目指すスタイルによって、何がベストなのかを選択する事は美容師として何より大事な事だと思います。

日本人の7割の人が癖毛だと言われています。

昔から、よく美容師さんに癖を生かして切りますという言葉を聞いた事があると思います。
癖によるボリュームを抑えるために、髪を軽くされすぎたりして逆にボリュームがでたり、さらにパサついたり、癖を活かして動きのあるスタイルにしてもらったけど、収まりが悪くスタイルがいまいちだったりと、失敗された経験があるお客様も多いと思います。

実際、20年美容師をやっていて、癖毛を100%カットだけで活かして可愛くなる癖毛のお客様は本当に少ないです。活かせない癖毛の方が実は多いんです。

悩みのなかでも多い、梅雨時期、雨の日に表面の髪の毛がゴワゴワになったり、ぱさついたり、広がるような癖毛の部分はほとんど活かす事はできない癖毛です。

 

その部分が自分では上手くセットできないところであり、美容師さんはそこを上手くブローできるんです。だからなかなか家では、美容室のように素敵なスタイルにならない事が多いんです。
なので、人から見える表面や顔まわりに部分的に縮毛矯正をかけて、艶感や、ストレートの部分を作る事で、癖がある所とのバランスがうまく調和して癖毛が活きてくるから、家でも自分で素敵にセットできるようになります。

今まで縮毛矯正に縁がなかった自分のお客様にも毛流れ縮毛矯正を勧める事が増えました。
お客様の声として『
なぜ今までしてこなかったの』と喜んでいただけるお客様ばかりです。
昔からポイント縮毛矯正というメニューはどこの美容室でもありました。
でも今の進化した縮毛矯正があるからこそ、初めてお客様に喜んで頂けるようになったのです。
後は、『自分は癖毛だったんだ』と気付かれるお客様も多いです。
という事はもっと
世の中には毛流れ縮毛矯正をかける事で、喜んで頂けるお客様は絶対にいっぱいいると思います”

ちなみによく毛流れ縮毛矯正を勧めると、こんな質問が多いです。
『毎回やらなくてはいけないんですか?』答えは年間で一回、多くて二回です。
時間としてはお客様のスタイルやかける範囲にもよりますがカットと合わせて
2時間〜2時間30分です。
Elilumeの料金設定ではこれも範囲よりますが
7000円〜10000円です。

そんな訳で具体的に、こんなお客様には是非という提案をサロンワークのお客様を参考に、紹介させて頂きます。
お客様により範囲は異なりますが今回は顔周りにはしていない表面だけの毛流れ縮毛矯正です。
ほとんどのお客様は部分的に癖の強さも違ったり、スタイルによって根元と毛先など癖を残す度合いを変えたりするのでお薬は2種類以上使います。
お客様の癖、スタイルに合わせて艶感、ストレート感を丁度いい風合いに仕上げるのが毛流れ縮毛矯正の腕の見せ所です。
その丁度いい風合いを出すためにお客様に合わせた薬選び、時間設定、塗る順番、塗り分け、中間ブロー、アイロンの温度、アイロンの入れるスピード、全ての技術が大事になってきます。
癖毛を活かすという事ですので仕上がりの写真はハンドブローだけで仕上げたスタイリングです。
もちろんアイロンをプラスしてスタイルにさらに華をもたせる事が出来るのも、毛流れ縮毛矯正の魅力の一つです。

 

《before》

 

 

一度もストレートパーマはかけた事ない。
自分の癖が凄く嫌な訳ではない。できるなら生かしたい。
普段は艶がないので毎日アイロンを巻く。できるならアイロンを毎日使いたくない。カジュアルに動きあるスタイルが好き。でも、ストレートをかけて動きのないボリュームがない寂しいスタイルにはしたくない。そんなお客様は多いと思います。そんなお客様には迷わず毛流れストレートがオススメです。

※全てのお客様がかけるのは赤いラインの上だけの根元から毛先までです。

after♦

beforeの印象とボリューム感も変わらず、より自然に綺麗な艶のある毛流れがついたと思います。実際かけた所とかけない所も自然に馴染んでいます。プラス手触りもいいので、よりかきあげたくもなります。アイロンも毎日入れなくてもストレートタッチのスタイルも楽しめます。逆にアイロンをプラスすれば今までよりもスタイルの幅が広がります。

 

《before》

自然な丸味のあるスタイルが好き。縮毛矯正をかけて白髪染めもしているので痛むのも嫌だし、丸さがなくなるのも嫌だ。でも出来るなら本当はもっと短くしたいけど、短くしてもっと広がってしまうのが怖い。

after♦

自分の癖の広がりを残しながら、プラス表面に適度な艶とストレート感を出すからこそ、自然な丸みが簡単に乾かすだげ出来るようになりました。かきあげてもおさまります。傷んだ感じもないです。こんな丸みのあるボブスタイルにもお勧めです。

《before》

全体うねる、広がる、パサつく、頑張って今まで自分でブローして、アイロンで巻いていた。カジュアルに動きのあるスタイルが好きなので、縮毛矯正はかけない方がいいと思っていた。今回は雰囲気を変えて外ハネなスタイルにしたい。迷わず毛流れ縮毛矯正をお勧めしました。

after♦

お客様の雰囲気にあった外ハネスタイルになりました。毛流れも綺麗にラフに動きのある外ハネなスタイルです。こういうスタイルも癖のある所ないところ、艶感を出すとこが丁度よく混在するからこそ素敵になります。

《before》

もともとパーマをかけたような癖がある。それを活かして今まではカットしていました。癖毛の中でもお客様の雰囲気にもあう癖毛なので今まではカットだけで活かす事が出来ましたが、年齢と共に雨の日や梅雨の時期はどうしてもパサついて広がるようになりました。癖は活かしたいけど若くも見えたいので艶も欲しい。

after♦

年齢と共に髪質も変わっていきます。髪の艶は若々しく見られるために大事な事ですが、縮毛矯正をかけてペタンコになって自然な丸さが失われては意味がありません。
自然な丸みも残しつつ艶を出して、癖による毛先の動きと丁度よく混在するからこそ華やかさもあり、若くも見えてスタイリングもしやすくなります。

《before》

 

自分では癖はない直毛だと思っていましたが、産後に髪が少なくなったせいか、雨の日などパサっと広がるようになりました。
朝、今までより時間がないので髪を短くして、スタイリングも楽になりたい。でも、手抜きなヘアースタイルにはなりたくない。

after♦

産後のお客様にも是非お勧めです。
時間をかけなくてもスタイルのクオリティーをさげずにスタイリンがしやすくなります。

いかがでしたか?
少しでも毛流れ縮毛矯正に興味をいただけたら嬉しいです。
最後になりましたがこの毛流れ縮毛矯正により、
人生までは
変わらないかもしれないけど、必ず日常は変わります。
これが毛流れ縮毛矯正のキャッチフレーズです。その人の癖を活かしてヘアースタイルを作る事が何より素敵な事なんだと思います。
是非、自分のプロフィールものぞいて見てください。
このブログ以外でも毛流れ縮毛矯正以外の縮毛矯正の記事が掲載されていますのでそちらも参考にしてください。
長々とご覧いただき有難うございます。

Elilume    加藤

24時間ご予約可能なWEB予約はこちらから

関連記事

24H WEB予約