Blogブログ

Elilumeの最新情報・髪のお悩み解決はブログをチェック。

  • HOME
  • ブログ
  • 縮毛矯正ストレートパーマはクセを見極めて塗布することが最も大切!!

縮毛矯正ストレートパーマはクセを見極めて塗布することが最も大切!!

こんにちは!!新宿御苑で縮毛矯正ストレートパーマが得意な美容室Elilumeの高沢和樹です♪

今回は縮毛矯正ストレートパーマを施術する際にどんな部分に気をつけてこだわっているのかお話させていただきますね♪はじめて縮毛矯正ストレートパーマをやろうかと思っている方、ずっと縮毛矯正ストレートパーマをかけてきた方でもぜひ読んで参考にしていただけると嬉しいです!!!

まずはBeforeの状態ですね。この時にクセの具合をみます。

このクセの見極めがとても大切なんです。どの部分のクセが強いのか。弱いのか。シルエットを崩してしまう部分はどこなのか。特に内側や顔周りの部分はチェックが必要です。

薬剤を塗る順番も大切なのですが【一番初めに塗布したところと最後に塗布したところの時間差の問題】全体が塗り終わってクセを取っていくまでに時間をおいていきます。一種類の強いお薬でクセを伸ばそうとすると伸びにムラが出たりしやすく、ダメージの原因になります。なのでElilumeではなるべく負担のすくない薬剤で時間を均等に置くことでムラやダメージのない綺麗な縮毛矯正ストレートパーマを目指しています!!

お顔周りに濡れた髪や薬剤がついてしまわないようにしっかりプロテクションを貼らせて頂く場合もあります。テープも肌に優しい素材のものを使用しています♪

以前、かけた縮毛矯正ストレートパーマの部分にはトリートメントの保護剤をしっかり馴染ませていきます。

この毛先をちゃんと保護して守る。これがとても大切なんです。一度、縮毛矯正ストレートパーマをかけた部分は基本的にダメージ【乾燥、熱、紫外線、海、温泉等】がなければ半永久的にストレートの質感は継続します!!なので一度かけた部分にもう一度かける必要性や負担はなくしたいので守るということが大切なのです!!!塗る気がなくても、根本に塗っている薬剤がついたり、シャンプー台でお流しする際に付着する可能性は十分ありますからね!!そして、新しく伸びてきたうねりのある新生部に薬剤をしっかり塗布していくわけですが、この時もどのくらい根本をあけて塗布するのかがかなり重要です!!
生え癖や毛量ボリュームがほしい!ほしくない!場所によって欲しい質感や立ち上がりは違うのでこの塗布が始まる場所のコントロールも大切なんです!

これで塗布が完了してお時間を15〜20分ほど置いていきます。どうでしょうか?お薬も闇雲に塗っているわけではなく、このような気をつけなければいけないポイントがたくさんあります。どの薬剤を使い、どのように塗布するのかで仕上がりのコンディション、負担がかなり変わってくるのがおわかりいただけましたでしょうか?
このあとにお薬をお流しして乾かしていきます。乾かしたらストレートアイロンをいれていきます。

そして定着のお薬を塗布して完成です♪所要時間は2時間前後!ショートの方なら一時間半ほどになります。

Elilumeではこのような些細なこだわりから一つひとつ丁寧な施術を心がけておりますのでぜひ安心してご相談からお気軽にお待ちしております。

高沢和樹でした!!

  • カット(シャンプー・ブロー付き)

    ¥7,000

  • 前髪カット

    ¥1,500

  • 和野カット(シャンプー。ブロー付き)

    ¥8,000

  • マッサージ シャンプー&ブロー

    ¥3,500

  • トリートメントパーマ

    ¥8,000 ~

  • 前髪ポイントパーマ

    ¥3,000 ~

  • アイロンストレートパーマ

    ¥17,500 ~

  • ポイントアイロンストレートパーマ

    ¥5,000 ~

関連記事

24H WEB予約